パーマの後処理はとっても大切です!!!|【自分に合うシャンプーが見つからない方へ】毛髪診断士®によるカウンセリングでお悩みを解消いたします。

新着情報

  1. トップページ
  2. パーマの後処理はとっても大切です!!!

パーマの後処理はとっても大切です!!!

パーマをかけ終わった後に、ロッドアウト(ロッドを外すこと)してから、ドライ(ブロー)するまでのことをパーマの後処理いいます。
 
カラーの時にも、お話ししましたが、カラーと同様に、パーマも後処理をしないと、アルカリと過酸化水素が髪と頭皮に残留してしまいます。
 
ルーネラパンでは、ロッドアウト後に、※ヘマチンや※酸リンスなどを用いて、残留アルカリ、残留過酸化水素をしっかり除去しています。
 
※ヘマチン※酸リンスについて詳しくはコチラ
 
アルカリが髪に残留してしまうと、ご自宅でシャンプーされるたびに、CMC(髪の油分)などの間充物質などが溶け出し、ウエーブの安定のみならず、髪質まで悪化させてしまいます。
 
過酸化水素が残留すると、ウエーブがだれたり、パーマがかかりづらくなります。また、頭皮にも、とても影響があり、毛穴から出た皮脂が酸化されて、過酸化脂質に変わり、毛乳頭の細胞を傷つけるために、髪が薄くなるなどの頭皮トラブルの原因となります。
 
カラーと同様に、残留アルカリ、残留過酸化水素除去をしていないサロンが、まだ、かなり多いのが現状です!
 
残留アルカリ、残留過酸化水素除去をしていないサロンが多い主な要因!詳しくはコチラ
 
※とても大事なことなので、ここだけは覚えておいてください!厄介なことに、残留アルカリも残留過酸化水素も目には見えません!!!
 
自分が通ってるサロンはパーマ施術時に、残留アルカリ、残留過酸化水素除去しているのだろうか?
 
と不安な方がいると思いますが、残留成分は目に見えないので、とても厄介ですが、もし、パーマ施術後に、髪がバサバサになってしまったり、手触りに ザラつきが出たり、ウエーブがすぐにだれてしまう)方は、今通われているサロンで残留アルカリ、残留過酸化水素除去をしていない可能性が非常に高いと思われます。
 
では、そのようなコンディションの方が、どうやって残留成分を除去したらよいか?
 
具体的な処置方法をお伝えします!
 
その方法は、残留アルカリ、残留過酸化水素除去ができる専用のシャンプーで残留成分を除去し、そして、内部成分が流出し、バサバサになってしまったり、手触りにザラつきが出てしまった状態の髪にタンパク質や油分を補いコンディションを整えるリペアパック(トリートメント)をパーマ施術直後から、ご自宅で特に1週間集中的に使用していただくことが、一番の処置方法です。
 
nana.jpg

戻る

メールフォーム

  • あなた本来の美しい髪を取り戻しませんか 相談する
  • 特定商取引法に基づく表記
  • お客様から頂いたお慶びの声をご紹介
  • よくお寄せ頂くご質問
有限会社LuneLapin(ルーネラパン)
〒070-0038
北海道旭川市8条通17丁目86番地25

カウンセリング結果を基に、髪と頭皮のプロ「毛髪診断士®」が一人一人に合う、最適なシャンプーをご提案します。うねりやパサつき、抜け毛や切れ毛など髪・頭皮に関するお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください。

  • 0166-22-4607
  • メールフォーム

ページの先頭へ