身近なもので髪を知る!!!|【自分に合うシャンプーが見つからない方へ】毛髪診断士®によるカウンセリングでお悩みを解消いたします。

新着情報

  1. トップページ
  2. 身近なもので髪を知る!!!

身近なもので髪を知る!!!

髪の構造を大まかに見ると、毛髄質、毛皮質(タンパク質)、キューティクルの三層で構成されており、身近なもので、大まかな構造が似ている海苔巻き(サーモン巻き)で説明したいと思います。

ルーネラパンでは、ダメージを受けた毛髪を、6段階に分類しています。

まずは、健康な髪の状態  ローダメージのダメー ジレベル0~2の状態から説明したいと思います。

海苔巻き(サーモン巻き)に例えると、具(サーモン)が毛髄質、ごはん粒が毛皮質(タンパク質)、 CMC(ごはん粒とごはん粒の間にある接着成分)海苔がキューティクルです。

 
写真はダメージレベル0(新生毛)~1の健康毛のイメージです。

ごはん粒(タンパク質)がたっぷり詰まって、CMC(接着成分)も隙間なくしっかりあり、海苔が綺麗に巻かれている(キューティクルが、引き締まって整っている)状態です。

 
※ごはん粒(毛皮質(タンパク質))が毛髪の体積の約80~90%を占めていて、髪の色や、質を決める貴重な組織が詰まった場所になります。

 

この毛皮質(タンパク質)は繊維状の束でできており、横には切れにくく、縦には切れやすくなっています。

 
※CMC(接着成分)・・・前記ブログ参照

 
ダメージレベル2・・・・ローダメージ毛はウエット時の感触が健康毛に比べて、弾力がやや少なくなり、キューティクル(海苔)が広がり、タンパク質(ごはん粒)やCMC(接着成分)の流出が始まっている状態です。

 
次回ブログでダメージレベル3・・・ミドルダメージの説明をしていきますね。

戻る

メールフォーム

  • あなた本来の美しい髪を取り戻しませんか 相談する
  • 特定商取引法に基づく表記
  • お客様から頂いたお慶びの声をご紹介
  • よくお寄せ頂くご質問
有限会社LuneLapin(ルーネラパン)
〒070-0038
北海道旭川市8条通17丁目86番地25

カウンセリング結果を基に、髪と頭皮のプロ「毛髪診断士®」が一人一人に合う、最適なシャンプーをご提案します。うねりやパサつき、抜け毛や切れ毛など髪・頭皮に関するお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください。

  • 0166-22-4607
  • メールフォーム

ページの先頭へ