紫外線が髪に与えるダメージについて、毛髪診断士が解説!!|【自分に合うシャンプーが見つからない方へ】毛髪診断士®によるカウンセリングでお悩みを解消いたします。

新着情報

  1. トップページ
  2. 紫外線が髪に与えるダメージについて、毛髪診断士が解説!!

紫外線が髪に与えるダメージについて、毛髪診断士が解説!!

こんにちは!毛髪診断士の鈴木です。

今回は、紫外線が髪に与えるダメージについて、お話ししたいとおもいます!

ご存知の方も多いと思いますが、紫外線は4 月~8月がピークです。

(髪や肌にダメージを与えるUVAは、それ以外の月もピーク時の1/2の量があるため、

通年での予防が望ましい。)

肌の紫外線対策は、日焼け止めクリームなどで、ほとんどの方が、されてると思いますが、

髪の紫外線対策をされてる方は、まだまだ少ない現状だと思います!

 

まず、はじめに、紫外線を浴びた髪の毛が、どのようにダメージしていくのか?

説明したいと思います!

紫外線は1つのエネルギーですので、水分や酸素と反応して活性酸素を発生し、

スクワレンやコレステロール(皮脂や毛髪内部に含まれる脂質成分)と反応して、

過酸化脂質(酸化)という悪玉のオイルを作ります。

この悪玉のオイルは、肌の細胞を傷つけて炎症を起こします。

 

 

また、髪では、S-S(シスチン)結合を分解して、

システイン酸ができて乾燥しやすくなってしまったり、髪が硬くなります!

例えば、タイヤに日光があたっていると、タイヤの表面がボロボロになるのと同じです。

 

したがって、紫外線があたった髪は硬くて、もろくて、乾燥しやすく、

キューティクルが反り返り、はがれやすくなり、カラーが退色しやすくなります!

 

キューティクルが硬化しているので、パーマのウェーブがつきにくくなります。

 

*S-S(シスチン)結合とは?・・・

毛髪のタンパク質は、18種類のアミノ酸から成り、

その中で最も多く含まれている(約17、2%)アミノ酸がシスチンです。

 

シスチンが多いということは、毛髪が丈夫であること、

強い弾力性を持つこと(健康毛)に関係しています!

 

この、シスチン同士が互いに結合して、

毛髪の強い弾力性を生むことをS-S(シスチン)結合といいます。

 

次回ブログで、髪の紫外線対策についてお話します。

戻る

メールフォーム

  • あなた本来の美しい髪を取り戻しませんか カウンセリング
  • 特定商取引法に基づく表記
  • お客様から頂いたお慶びの声をご紹介
  • よくお寄せ頂くご質問
有限会社LuneLapin(ルーネラパン)
〒070-0038
北海道旭川市8条通17丁目86番地25

カウンセリング結果を基に、髪と頭皮のプロ「毛髪診断士®」が一人一人に合う、最適なシャンプーをご提案します。うねりやパサつき、抜け毛や切れ毛など髪・頭皮に関するお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください。

  • 0166-22-4607
  • メールフォーム

ページの先頭へ