ストレスによる不眠改善に役立つ栄養素について毛髪診断士解説|【自分に合うシャンプーが見つからない方へ】毛髪診断士®によるカウンセリングでお悩みを解消いたします。

新着情報

  1. トップページ
  2. ストレスによる不眠改善に役立つ栄養素について毛髪診断士解説

ストレスによる不眠改善に役立つ栄養素について毛髪診断士解説

こんにちは!毛髪診断士の鈴木です。

今回は、ストレスによる不眠改善に役立つ栄養素についてお話ししたいと思います!

神経の機能維持と疲労回復に役立つ栄養素はビタミンB群です。

ビタミンB群はストレスや生活習慣による入眠障害を和らげてくれます!

 

●ビタミンB6・・・・・眠りを誘うホルモンであるメラトニンを形成するもとになります。

ビタミンB6は、 レバー、まぐろ、かつお、にんにく等に多く含まれます。

imagesB6

 

●ビタミンB12・・・・睡眠サイクルの乱れを整えます。

ビタミンB12は魚介類の食品に多く含まれ、とくに貝類や魚卵に多いのが特徴です。

B12-3images

 

●ナイアシン・・・・・不眠に伴う抑うつ状態を改善します。

ナイアシンは たらこ・マグロ・カツオ・豚や牛のレバー・玄米・大豆・卵に多く含まれます。

imagesナイアシン

 

●葉酸・・・・・・ビタミン12と協力して疲労からくる入眠障害を改善します。

葉酸は、 レバー、うなぎ、緑黄色野菜に多く含まれます。

images葉酸

※妊婦さんが注意すべき成分※

●脂溶性ビタミン
レバーやうなぎの肝に含まれる『脂溶性ビタミン』のビタミンAやビタミンDは、体内に蓄積しやすく『過剰摂取』を続けることにより、胎児の奇形リスク(水頭症や口蓋裂等)を高める場合があります。

 

●リステリア菌
明太子や、すじこなど魚卵には、感染症の原因となる『リステリア菌』が含まれていることがあり、特に抵抗力が落ちている妊婦さんは、リステリア感染症の発症リスクがあり、それに伴い『流産』や『早産』の危険性が高まる恐れがあります。

 

●アピオール
パセリやセロリに含まれるアピオールは、中絶目的で使用されている成分であり、妊娠中には控えたほうが良い食品(成分)です。

 

●カフェイン
コーヒーや緑茶に含まれるカフェインも妊娠中は控えたい成分で、過剰に摂取することで、母体に必要な鉄分やカルシウムを阻害するだけでなく、赤ちゃんの発育障害リスクが高まる恐れがあるとされています。

 

◎妊娠中に、母体や赤ちゃんに危険性を及ぼす『リステリア菌』や、『アピオール』・『カフェイン』を含まない、

葉酸の含有量の多い食品ベスト3は枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリーです!

images枝豆

 

※髪やお肌のためにも、日常生活で出来るだけ、ビタミンB群を摂取する食生活を心掛けましょう!

 

戻る

メールフォーム

  • あなた本来の美しい髪を取り戻しませんか 相談する
  • 特定商取引法に基づく表記
  • お客様から頂いたお慶びの声をご紹介
  • よくお寄せ頂くご質問
有限会社LuneLapin(ルーネラパン)
〒070-0038
北海道旭川市8条通17丁目86番地25

カウンセリング結果を基に、髪と頭皮のプロ「毛髪診断士®」が一人一人に合う、最適なシャンプーをご提案します。うねりやパサつき、抜け毛や切れ毛など髪・頭皮に関するお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください。

  • 0166-22-4607
  • メールフォーム

ページの先頭へ