「髪のお悩み」なぜ、髪がパサつくのか?Part2補足|【自分に合うシャンプーが見つからない方へ】毛髪診断士®によるカウンセリングでお悩みを解消いたします。

新着情報

  1. トップページ
  2. 「髪のお悩み」なぜ、髪がパサつくのか?Part2補足

「髪のお悩み」なぜ、髪がパサつくのか?Part2補足

前回ブログで、パーマやカラーなどで、ダメージを受けた髪は、どんなにスペシャルトリートメント等をしても、元の状態には戻らない。※生まれたてのヴァージン毛に再生することはできませんという説明をしましたが、少しわかりづらかったかなと思い、今回補足説明したいと思います。

今回は、歯の治療で例えてみたいと思います。皆さんも、おそらく虫歯になった事が一度や二度くらいは、あるんじゃないかと思います。パーマやカラーなどで、ダメージを受けパサついた髪は、まさに虫歯になっている状態です。

色々な治療方法があると思いますが、ベーシックな治療方法としては、虫歯の部分をけずりとり、セラミックや銀などの詰め物をかぶせて治療し、歯の代替えとして本来の歯と同じ機能を回復させるように、ダメージした髪には※人工的につくられた、PPT(タンパク質)や※CMCなどで、ダメージを受けて穴が空いてしまった部分(ダメージホール)を埋め、キューティクルが剥離してしまった髪に対しては、※キトサンとオイル類を使い、擬似的なキューティクルの層を作って補修していきます。

そうすることによって、髪で一番大切な水分調整機能を回復する事ができ、パサつく髪をサラツヤ髪にすることが出来ます。

※人工的・・・・人の手を加えること。人の力で作ること。

一例ですが、人工のPPT(タンパク質)には、原料の羊毛や羽毛(人の髪の構造に類似した成分)を加工してプラスイオンを帯電させたものがあり、カチオン化PPTといいます。ダメージした髪はマイナスイオンに傾いているので、カチオン化したPPTは傷んだ部分に特に吸着しやすくります。

 

※キトサン・・・カニの甲羅から得られる天然のポリマー。擬似キューティクルを形成し、毛髪内部のタンパク質やCMCが流出しないようにコートします。毛髪をダメージから守り、ツヤを与えます。

戻る

メールフォーム

  • あなた本来の美しい髪を取り戻しませんか 相談する
  • 特定商取引法に基づく表記
  • お客様から頂いたお慶びの声をご紹介
  • よくお寄せ頂くご質問
有限会社LuneLapin(ルーネラパン)
〒070-0038
北海道旭川市8条通17丁目86番地25

カウンセリング結果を基に、髪と頭皮のプロ「毛髪診断士®」が一人一人に合う、最適なシャンプーをご提案します。うねりやパサつき、抜け毛や切れ毛など髪・頭皮に関するお悩みなら、ぜひ一度ご相談ください。

  • 0166-22-4607
  • メールフォーム

ページの先頭へ